【コラム】東京DAY1・パブエネコーエン

みなさんこんにちは。たいぼるです。

2018.8.18はパブエネ公演のために東京入りしておりました。もちろん、後日、レポートとしてあげますので、ご期待くださいね。

さて、会場にお越しになった方々からすれば、「最高」の一言に尽きる公演だったかと思います。演目の一つ一つに込められた想いや、細かいネタに大爆笑するシーンがあちこちで見られて、「A-POPの楽しみ方」のエッセンスが詰まっているなぁと感じました。A-POPに興味があるとか、そういう人には是非この公演を見てもらいたい。そうすれば絶対にこの沼に落ちる、そう確信しました。

私は当日の朝に現地入りし、会場設営や練習・ゲネから本番に至るまで、すべてを見させていただきましたが、本番であれだけのクオリティを見せるのに、どれだけの努力をしたんだろうと感嘆するばかりでした。

本番のネタについては言及しませんが「本気で作り込んだもの」の呼吸を感じ取れると、勝手に体が反応しますね。
とある演目を見ている最中、私は知らない間に涙が出ていたこともありました。きっと、同じことを感じたお客さんも多いんじゃないでしょうか。

パブエネの10名には心から拍手を送りたい(というか送った)です。
終演後のあの鳴りやまない拍手を聞くと、こう感じたのは私だけじゃないということが明らかでした。

パブエネの皆さん本当にお疲れ様でした。
同じA-POPのダンサーとして、元気と可能性をもらいました。これからもみんなの憧れであって、「みんなの味方」でいてください。でも観客を置いていくエネミーな感じも好きです。

さて、日が変わって本日は腐男女のにくさん主催のイベント「たかまらせていただきます vol.5」【Twitter】に遊びにいってきます。2on2のバトルに、同じAnispect FamilyのNAOと出場してきます。楽しんでこよう!

それではいってきます!

【コラム】東京DAY1・パブエネコーエン” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です