【レポート】20180908_アキバストリート大阪予選

こんにちは、たいぼるです。

「A-POPダンサーたちの憧れの舞台として名前が上がる全国大会」といえばピンとくる方も多いでしょう。A-POP界のパイオニアであるRAB(リアルアキバボーイズ)が展開するこちらのイベントに遊びに行ってきました。

アキバストリート vol.5 大阪予選

2018/9/8@大阪 日本橋COCHLEA
・1on1 アニソンダンスバトル
Twitter】【HP

※全イベントを通して、SNSへの動画投稿はNGのため、写真とテキストのみとなります。

 

①会場の雰囲気について

今回の大阪予選ではAnispectFamilyといったベテラン勢から、20歳未満のニュージェネレーションまで、さまざまなA-POPダンサーがそろい踏みした。
エントリーした41名のリスト・対戦表を見ると、本当に誰が優勝するのか見当もつきませんでした。

 

②0.5回戦 / 1回戦

ダイヤモンドパワー

アキスト大阪ではおなじみとなった、エアギターのパフォーマーであるダイヤモンドパワー氏はやはり外せません。会場の全員に忘れられないインパクトと爪痕を遺していきました。ちなみに、彼は今年のエアギターの大会で日本5位を納めているそうです。規模はわかんないです。

 

咲き乱れたんぽぽ

1回戦では好楽とぶつかり、残念ながら敗退となりましたが、当たるには早すぎる惜しい組み合わせでした。予想がつかないコミカルなフレーバーをのせた咲き乱れたんぽぽは惜しくも敗退しましたが、ジャッジのドラゴン・けいたんからMVPに推されるほどの実力はやはり本物です。素直に言えば、死ぬほどおもしろい人です。

 

つき

今大会で唯一のB-GIRLの参戦。ひとつひとつのスレッド(足抜き系)やレッグワークがとても精確で、曲にマッチしたフローはジャッジ陣をうなずかせていました。流れた楽曲は【六畳間の侵略者】EDの「恋はみるくてぃ/petit milady」でした。あと可愛い。

ムラトミ「あの子!めっちゃよかったんだよ!!一年前にもアキスト出てたよね!」
つき「出てないです」
ムラトミ「だよね!!そうだよね!!」

しばらく「ムラトミさん、一年前あの子にトップロック教えたことあるとか楽屋で言うてましたよね?」

 

③2回戦/3回戦

ふみろく 

楽曲は【デジモンテイマーズ】OPの「The Biggest Dream/和田光司」。そして、対戦相手は地元大阪の若手BBOYこーへいげん。お互いに、相手にミスが一つでもあればすぐに形成をひっくり返す実力者なだけに、アキスト大阪でも1,2を争うほどの盛り上がりを見せました。
このバトルは先行をとったふみろくが熱いムーブで勝利をもぎ取りました。

 

④準決勝

AxIy aka DopeRock VS 好楽

好楽のスキル&パッション、AxIy aka DopeRockのセクシー&スタイリッシュと、対極なスタイルのAnispect Familyチームメイト同士のバトルとなった。全力でぶつかり合えることを全力で楽しんでいるように見えました。
バトルの流れは五分五分のように見えましたが、要所要所でこれ以上ないほどに決めてくる好楽が押し切り、勝利する形となりました。特に、ファーストムーブで決めたラビットからのワンハンドフリーズは6カウントほど止まり、会場全体が湧きました。僕とアクシーはドン引きしてました。

 

⑤決勝

好楽 VS タヲるん

1曲目は【銀の匙】OPの「オトノナルホウヘ/Goose House」
好楽は質の高いショートムーブ、特に、ステッピン→サイクロン(ステッピン状態でスピン)→2000→エルボーフリーズやエアチェア連発で会場を爆湧きさせる。
セカンドムーブでもフリーズ・ラビットの質が非常に高く、チェアやワンハンドフリーズを決めて攻める。
対するタヲるんは、ムーブ中に疲れを見せないフィジカルの強さ、コミカルさ、そして予想を裏切る気持ちいい音取りで会場をロックしていく。
大きなムーブから細かいムーブまで決め、さすがの貫録を感じさせる。

 

そして今回の優勝者は…

タヲるん

 

◆ジャッジコメント抜粋

ムラトミ:
A-POP楽曲で、ストリートダンスをかっこよく踊れる人が多いのが大阪の特色。いろんなジャンルを踊れる人が多くて、音取りが多彩。僕はトップロックとツイストしかできないのに…

マロン:
オールドスクールの技術がすごい。キャッチーなものか、コアなもの、二極化するけど、コアな動きでもしっかり魅せられるダンサーが多くてすごい。

涼宮あつき:
ストリートダンスはアニソンで踊るためにできたものじゃないから、基礎の練習をアニソンでやるのは難しい。A-POPが好きでダンスを始めた人って、どうしても基礎がおざなりになる人が多い。でも大阪はそうでもないのかなっていう印象があった。できればもっと大阪のダンサーを見たかった。

ドラゴン:
アキストやると寿命縮みます笑
A-POPバトルはダンスの技術以外の部分がすごく大きくて、本当に悩むんです。
大阪はすごいファミリー感がある。自分たちがやっていることを、みんなで盛り上げていくみたいな空気を感じてすごい。

けいたん:
タヲるんは、本当に人の予想を裏切ってくるから最高。
音がちゃんと聞こえてくるような踊りをする人が増えた。個性・テクニック・トリックなどでしっかり聞かせてくれるダンサーがかっこいい。

 

⑥編集後記

A-POP界の全国大会といえばこのアキバストリートのみなので、優勝したタヲるんには、FINALでも優勝してほしいと思っています。イベント全体を見て、譲れない熱いハートがぶつかり合うバトルや、同じジャンルでも踊り方の全く違う取り組みが見られたり、ストリートダンスのバトルではこうはいかないな、という場面が多かったです。個人的には、好楽が毎バトルで必ずフリーズをガチ止まりしてきたり、ふみろくがアタックムーブでダブルAトラックスをかますところなどはかなりシビれました。あとは、若手のエントリーも多く、今後どう伸びてくるのかが非常に楽しみになりました。

今回は、けいたんさんのご厚意で取材させていただく運びとなりました。
本当にどうもありがとうございました。

<Event info>

アニソンダンスバトル全国大会アキバ×ストリート5
4月28日(土) 超会議予選/ニコニコ超会議<終了>
9月1日(土) 東京予選/池袋mismach<終了>
9月2日(日) 名古屋予選/club JB’s 
<終了>
9月8日(土) 大阪予選/日本橋COCHLEA.
9月9日(日) 福岡予選/天神Club selecta
9月15日(土) 北海道予選/札幌Studio Japan
9月29日(土) 前日予選/Space emo
各予選観覧チケット発売中→http://akiba-street.jp/archives/503/

9月30日(日) アキバ×ストリート5FINAL/新宿BLAZE
アニソンダンスバトル日本一決定戦
全国予選を勝ち抜いたファイナリスト7名、そしてアキバストリート4チャンピオンによる日本最強オタクダンサー決定トーナメント!
[ソロバトル優勝賞金]20万円+協賛各社副賞
[クルーバトル優勝賞金]10万円+協賛各社副賞

[GuestArtist]
亜咲花
二人目のジャイアン
TRIQSTAR
九州男児新鮮組
Alaventa

[MC]けいたん&ザカルト

[ソロバトルジャッジ]
涼宮あつき from RAB(リアルアキバボーイズ)
マロン from RAB(リアルアキバボーイズ)
ムラトミ from RAB(リアルアキバボーイズ)
DRAGON from RAB(リアルアキバボーイズ)
メガネ(アキバストリート1期ファイナリスト)
とける(アキバストリート1期ファイナリスト)
石川ゆみ(振付け師)

[クルーバトルジャッジ]
KITE(フォーマーアクション)
DRAGON from RAB(リアルアキバボーイズ)
石川ゆみ(振付け師)

詳細→http://akiba-street.jp/archives/413/

関連情報
RAB Official Web
RAB YouTubeチャンネル
RAB Official Twitter
RAB Official Facebook
RAB Official NicoNico Channel

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です